読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車椅子、ときどき杖。

外出には車椅子を使っています。ときどき杖も使います。普通に歩いていた頃には気づかなかったいろいろや、便利だと思う道具について。

日本最大級の、ふくろうカフェ。

奈良

以前から前を通っていて気になっていた「ふくろうカフェならまち」に行ってきました。近鉄奈良駅から徒歩5分、もちいどのセンター街にあります。

f:id:nam_kid:20170202035920j:plain

ここは、ふくろうカフェとしては日本最大級の屋内スペース(50坪)があり、カフェというよりはミニ動物園といった雰囲気です。

入口のドアは友人に開けてもらいましたが、段差なくフラットに入れます。

1時間1000円の入園料(本来は1300円だそうですが、ホームページによると「当分の間はオープン記念価格」でお安くなっています)に含まれるドリンク1本は、屋内の自動販売機で購入します。

入園料を支払い、スタッフさんに説明を聞いて、視線を転じると。

ずらり居並ぶふくろうたちが、私たちを迎えてくれました。

f:id:nam_kid:20170202040930j:plain

f:id:nam_kid:20170202040944j:plain

壁に飾られているのは、ふくろうのアート作品です。

 

ここにいるふくろうたちは全て人工孵化で、まだ若い子が多いとのこと。

ふれあいが大丈夫なふくろうは、ミトンをはめた手にとまらせてもらえます。

頭や背中にそっと触れると、種類によって羽根の感触ややわらかさが違うのだと解りました(さわれる子とそうでない子がいます。スタッフさんに聞いたり、説明書きをよく確認しましょう)。

f:id:nam_kid:20170202043213j:plain

f:id:nam_kid:20170202043231j:plain

 

奥の「フライトルーム」では、土日祝日に鷹(ハリスホーク)の嵐ちゃんのフライト体験ができます。私たちが訪れたのは土曜日の午前中だったので、体験させてもらいました。

鷹が車いすの車輪を嫌がるかも知れないと事前に聞いていたので、もし嫌がりそうならやめておくつもりでゆっくり部屋に入ると、スタッフさんの腕にとまり落ち着いた様子で迎えてくれました。

これなら大丈夫でしょう、とスタッフさんにお墨付きをいただき、鷹に背を向けてグローブをはめ、園長さん(店長ではなく園長なのです)に腕を支えてもらって肩の位置で伸ばします。

車椅子だと腕の位置が低いので、鷹にとってはとまりにくい様子でした。スタッフさんの腕から飛び立っても、私の腕には降りずに部屋の中を旋回します。

スタッフさんが私に60cmほどの距離まで近づくと、ふわりと飛び移ってくれました。

f:id:nam_kid:20170202044447j:plain

ずっしり重いのですね!

支えてもらっていなければ、私の力では耐えられなかったと思います。

園長さん、ありがとうございました。

革のグローブを掴む爪は鋭いですが、私の方を見る瞳がくりくりしていて、なんてかわいいんだろうかと思いました。

雛から育てたスタッフさんにとても懐いていて、園長さん曰く「私もさわれないんですよ、さわれるのは彼だけなんです」とのこと。スタッフさんの腕に戻りその顔を見つめる嵐ちゃんはとても愛らしかったです。

 

平日のフライトルームでは、ワシミミズクの放飼いが公開されることも。いずれも鳥たちの体調により中止することがあります。詳細はホームページやブログでご確認ください。

 

ふくろうカフェならまち|餅飯殿町 癒し 奈良町 フライト体験 鷹(公式ホームページ)

ブログ|ふくろうカフェならまち(公式ブログ)

YouTubeでは、水浴びするふくろうや飛翔するふくろう・鷹の映像が見られます。

ならまちふくろうカフェ - YouTube