車椅子、ときどき杖。

外出には車椅子を使っています。ときどき杖も使います。普通に歩いていた頃には気づかなかったいろいろや、便利だと思う道具について。

針なしステープラー、ハリナックスプレス。

今回は、欲しいと思った文具を手に入れて、使ってみた話です。

 

数枚の紙や書類をクリップで留めることがあります。

クリップの利点は、いったん留めてもすぐに外して、書類の順番を変えたり差し替えることが容易にできる点です。

でも、クリップって、留めたい紙が少ない時はちょっと重いし、文字が隠れてしまったり、留めたままではめくりにくいな、と感じていました。

 

先月、KOKUYOの針なしステープラー「ハリナックス」シリーズから、穴をあけずに紙をとじる商品が発売されました。

「ハリナックスプレス」です。

参考:ハンディプレス|針なしステープラー<ハリナックス>|商品情報|コクヨS&T

 

これ、ものすごく便利そう!

そう思ったのです。

 

パッケージはこちら。

f:id:nam_kid:20141122173952j:plain

 

綴じてみると、こんな感じです。写真では2枚の紙を綴じています。

f:id:nam_kid:20141122174224j:plain

紙は、ぎゅっと押されて圧縮されることで、綴じられます。

バーを押した時の、ふんにゃりとしたやわらかい感触がくせになりそうです。

 

外したい時は、綴じた部分をボールペンのキャップや後端などなめらかな部分でこすります。そっとめくると、かんたんに外すことができます。(同じ箇所をもう一度綴じることはできません)

外した跡は残りますが、破いたり穴をあけずに容易にばらせるのはとても便利だと思います。私の用途は主に自分で見るノートパッドやメモを綴じたりばらしたりすることですので、問題はないと思いました。

 

綴じる時はバーを本体に当たるまで押すのですが、握力15kgだと片手で握るのは難しいと感じました。机に置いて押すのも、片手では少しかたく感じます。

裏に滑り止めを付けて、机に置いて両手で押してみようかと思っています。この辺りは後日追記するかもしれません。

 

工夫してでも使いたいほど、私にとっては魅力的な商品です。