車椅子、ときどき杖。

外出には車椅子を使っています。ときどき杖も使います。車椅子で訪れたスポットや、普通に歩いていた頃には気づかなかったいろいろや、便利だと思う道具について。

奈良県産の食材を、色鮮やかな飴で。

奈良土産の新定番にしたいお店に出会いました。

その名も「大和飴・ならBonbon」さん。

 

奈良の食材を使って職人さんが手作りする飴は、手毬のような愛らしいカタチと色。

ほっそりとした小振りの瓶に詰められ、お店の壁一面にずらり並んでいます。

f:id:nam_kid:20180914001321j:plain

私が購入したのは「柿の葉茶」。

f:id:nam_kid:20180914001952j:plain

ちょっと写真の色味が変わってしまってますが、下↓の写真が実物に近いです。

f:id:nam_kid:20180914001644j:plain

深煎りされた柿の葉の香ばしさが、飴の穏やかな甘さと混ざり合い、やさしい味に仕上がっています。

瓶が細くて持ちやすく、開けやすいのも嬉しい。シールのデザインもかわいらしくて、私はカバンの中に入れて持ち運んでいます。

瓶は湿気が入りにくいので、飴を保管するのに一番良いそうです。

 

現在販売されている飴は、全部で12種類。壁に並んだ順に右から、

・青豆きなこ(宇陀産)

・柿の葉茶(天理産)

・大和抹茶(月ヶ瀬産)

・片平あかね(山添産の奈良伝統野菜「蕪」)

・麦香(地ビール「奥春日オールドブラウン」の麦汁)

・花巴(吉野産の酒粕

・神野の白(山添産の抹茶)

・麹あまざけ(吉野産)

・大和とうき(高取産)

・唐辛子(宇陀産)

・ほうじ茶ラテ(月ヶ瀬産ほうじ茶)

・本葛バニラ(吉野本葛とフランス産ブルボンバニラ)

(上の写真には本葛バニラ飴が写っていません)

 

ちょうど友人へのお土産を買いたかったので、いくつか選んで購入しました。

 

お店は「きらっ都・奈良」1階にあり、今年7月にオープンしたばかり。

近鉄奈良駅からアーケードの東向商店街を南下し、もちいどのセンター街に入ってすぐ左手の建物です。ここには車椅子で入れるトイレがあるので、私は奈良町へ行くときいつも立ち寄っています。 

f:id:nam_kid:20180914010459j:plain

f:id:nam_kid:20180914010522j:plain

ガラスの引き戸はオープンになっていて、車椅子でも充分通れます。

f:id:nam_kid:20180914010641j:plain

棚の下が空いているので、車椅子で正面から近づけるのも嬉しいですね。

商品も手に取りやすく、説明書きも読みやすい位置にあります。お店の方がとても丁寧に説明してくださいますよ。

店内で方向転換するときは、周囲に注意して車椅子を操作しました。

 

今後、奈良土産の新定番にしていきたいです。

 

参考:

ならBonbon | 奈良の自然が生んだ優しい味のあめ(ホームページ)

大和飴・ならBonbon - 製品・サービス - | FacebookFacebook

神谷優希 (@gateauyuuki) • Instagram photos and videos(店主さんInstagram

 

 

 

ちなみに、奈良土産の定番として私がよく買い物しているのが、以前ご紹介した「柿の専門」さん。こちらもオススメです。

nam-kid.hatenablog.com

 

奈良県産の食材を、ピザやジェラートで。

今年の夏は例年にない酷暑でしたね。

車椅子は立っているより地面に近いので、地熱も加わって恐ろしい暑さとなります。それでも昨年までは出かけていたんですが、今年はダメでした…。背もたれや座面が熱を吸収し体温をこもらせるんだと知りました。命の危険を感じる暑さで、引きこもり生活を送っておりました。

 

6月に奈良町を訪ねたとき、以前から工事中だった町屋が新装オープンしていることを知りまして。行きたいと思いつつこの暑さでしたので、先日ようやく訪ねることができました。

奈良県産の食材を使ったピザとジェラートのお店、「cervo bianco」さんです。

f:id:nam_kid:20180913015541j:plain

入口手前の傾斜がちょっと急で、私の簡易型電動車椅子では自力で上がれませんでした。ガラス戸越しに店員さんを呼ぼうかなと思っていたら、店先のベンチにいたお客さんが押してくださいました。ありがたいことです。

f:id:nam_kid:20180913015801j:plain

この排水のへこみが車椅子にとっては少々厄介なんですよね(もちろん、段差や溝があるよりはずっと良いのですが)。奈良町の道路脇は大体この形状なので、通行時は注意が必要です。勾配が急ではない場所でも、このへこみに車椅子の大車輪がハマって空転しちゃうことがあるんです。

帰るときは後ろ向きに出て、お店の方にグリップを持って引いてもらいました。

 

店内は段差もなく通路がゆったりしていて、車椅子でも問題なく入れます。

f:id:nam_kid:20180913020207j:plain

f:id:nam_kid:20180913020229j:plain

私が通りやすいように、お店の方が椅子をよけてくださいました。

中庭の見える席に案内してもらえて嬉しかったです。

f:id:nam_kid:20180913020416j:plain

f:id:nam_kid:20180913020432j:plain

ええ、今回は一人ランチです(笑)

ピザのメニューはいろいろあって目移りしましたが、チーズと奈良漬のピザがあると聞いてとても気になっていたので、今回はそれを注文しました。

f:id:nam_kid:20180913020633j:plain

生クリーム、4種のチーズ、「あしびや本舗」の奈良漬を使ったピザ「馬酔木(あしび)」。小さめに切って散らせてあるのが奈良漬です。

店内の石窯で焼かれたアツアツのピザは、中央の生地が薄くてやわらかく、縁はもっちもち。手に取ってかぶりつくと、チーズがのびやかに糸を引きます。そして、奈良漬のカリカリした歯応えがとても楽しい!

チーズはカマンベール、モッツァレラ、ゴルゴンゾーラ、グラナ・バダーノ。私は青カビタイプのチーズはやや苦手だったのですが、このゴルゴンゾーラの芳醇な香りが奈良漬の濃厚な風味にめちゃくちゃ合うんです。いやはやすごい。これはおいしい。

食べきれなかったピザは、テイクアウトにしてもらえます。

他にも食べたいピザがあり過ぎるので、次は友人を誘ってシェアしたいです。

f:id:nam_kid:20180913022012j:plain

f:id:nam_kid:20180913022656j:plain

11時~15時までのランチタイムは、ジェラートがお得なセットにできます。

ということで、ピザ一切れを持ち帰ることにして、ジェラートをシングルで頂くことに。

店の入口すぐにあるジェラートのショーケースまで行って、どれにするか散々悩む私。だって、これまたどれもこれも魅力的すぎるんですもの。

f:id:nam_kid:20180913022952j:plain

こちらは店頭に置かれたジェラートメニュー。ミルクと大和茶以外は日替わりとのことです。いずれも奈良県産の食材が使われています。

今回は、「いちじく」を選びました。(あっ、この看板には書かれてないですね)

f:id:nam_kid:20180913023443j:plain

かわいい鹿のクッキーと共に。結構なボリュームです。

一口掬ってそっと含んでみますと。

なんと、まるでいちじくそのもの!

皮ごとつぶした果肉が使われているそうで、空気を混ぜ込んだジェラート特有のねっとりした舌触りが、まさにいちじく。控えめな甘さや、プチプチとはじける食感(いちじくのアレは花だそうですね)も相まって、まさにいちじく。

これは、いちじく好きにはたまりません。

 

季節の移ろいによって、ピザやジェラートに使われる食材が変わっていくのも楽しめますね。

とにかく次は、友人を誘って再訪したいと思います。

 

参考:

cervo bianco - 奈良の食材を使用したピザ&ジェラート レストラン(ホームページ)

cervobianco (@cervo_bianco) • Instagram photos and videosInstagram

バリアフリー2018、車椅子編。

バリアフリー2018では、自助具を見るだけでなく、車椅子にも試乗してきました。

 

まずは、昨年は展示のみだった電動車椅子「WHILL Model C」。

ちなみに、昨年「WHILL Model A」に試乗して興奮した記事はこちらです。

nam-kid.hatenablog.com

 

f:id:nam_kid:20180513021214j:plain

f:id:nam_kid:20180513022546j:plain

「WHILL Model C」は、モデルAに比べると本当にコンパクト。重量は半分以下の約52㎏です。

操作感はモデルAと同様にとても直感的で、小回りもきいて「さすが」といった印象です。フットレストの上に乗っても傾くことなくどっしりとしているのも力強い。

ですが、やはり二輪駆動である分、馬力はどうしても落ちます。5cmの段差を越えられるとのことで、会場には段差が設けてあったのですが、ある程度の勢いをつけておかないと上れませんでした。私は首がやや弱いので、段差での衝撃対策にいつもゆっくり上がっているんですが、その感覚でいくとダメで、ちょっと下がってから速度を落とさずに進むとクリアできました。

 

この「WHILL Model C」最大の特徴といっても過言ではないのが、三分割してセダン車のトランクに積み込めるということ。

f:id:nam_kid:20180513022528j:plain

昨年の記事にも興奮して書いていましたが、「電動車椅子をトランクに積む」って普通はできないことなんです。ゴツい電動車椅子はもちろんですし、私が使用している「簡易型電動車椅子」も、電動ユニットの駆動部が繊細なため横倒しが推奨されておらず、セダン車には積み込めません。私は車で出かけるときはいつも手動車椅子を積んでもらい、出かけた先では家族に押してもらっています。

「WHILL Model C」なら、車で出かけた先でも、介助を頼むことなく自分で操作できるということです(トランクへの積み降ろしの手間はおかけしますけどね)。

 

私がふだん街の中で遭遇する段差や砂利道のことを考えると、ひとりであちこち出かけるのに不安は残るかな、とは思います。

それでも、「WHILL Model C」が画期的な電動車椅子であることに変わりはありません。

 

参考:WHILL - 次世代型電動車椅子 パーソナルモビリティ(ホームページ)

 

 

 

今回初めて出会ったのが、ビーチ用車椅子「モビチェアー」です。

f:id:nam_kid:20180513024430j:plain

「株式会社モノ・ウェルビーイング」のブースで出会ったこの車椅子は、砂浜を進んで、なんとそのまま海へも入れちゃうんです!

f:id:nam_kid:20180513024810j:plain

座り心地はふんわりしていて気持ち良かったですよ。引っ張ってもらうと、タイヤが太いからか、本当にスーッとスムーズに進みます。

 

この「モビチェアー」、鎌倉の由比ガ浜海岸で常備されているとのこと。

車椅子を使いだしてから、というより杖をついてからずっと海から遠ざかっている私ですが、今年はちょっとチャレンジしてみようかな、という気持ちになってきました。

 

こちらの会社では、砂浜など車椅子にとっての悪路に敷く「モビマット」(米国障害者法(ADA)適合舗装路)も取り扱っています。車椅子の車輪は細いので、砂浜では沈んでしまって進むことができませんが、こういったマットがあれば安心。

f:id:nam_kid:20180513025940j:plain

ちなみに、「モビチェアー」と「モビマット」を製造しているフランスのメーカーでは、特殊車両が使用するマットも製造しているそうです。

 

車椅子でも行ける場所がどんどん増えて、楽しめることや諦めなくていいことが増えたらいいですよね。

 

 

参考:

MONO well-being 株式会社モノ・ウェルビーイング(ホームページ)

株式会社モノ・ウェルビーイング Facebookページ

 

バリアフリー2018、自助具編。

4月にインテックス大阪で開催された「バリアフリー2018」へ行ってきました。

バリアフリー展へ行くのは、昨年に続いて2回目。前回は最終日午後からの会場入りで、かっこいい電動車椅子2種に試乗してはしゃいただけで終わってしまったので、今年は3日間の会期中に2回訪れてみました。

昨年の様子はこちら。かなり興奮した文面になっております。だって興奮したから…。

nam-kid.hatenablog.com

 

今回の目的のひとつが、前回はほとんど見て回れなかった「自助具」を見ること。

自助具とは、筋力低下やまひなどのため日常生活で困難な動作を、できるだけ自分で容易にできるよう工夫された道具のことです。 

 

大阪のNPO法人「自助具の部屋」のブースに立ち寄りました。

ズラリ並べてあったのは、様々に工夫された自助具の数々。

基本的に自助具は使うひとに合わせて作成されるので、展示されているのは参考品です。

 

【鉛筆ホルダー】

f:id:nam_kid:20180513011507j:plain

手の力が弱いと、細い鉛筆をしっかりと握って書くことが難しくなります。

手の形を型取りして作成するものもありますが、練習用ゴルフボールに穴をあけるなど身の回りにあるものを使って工夫されたものもあります。

f:id:nam_kid:20180513011841j:plain

 

【注ぎ台】

f:id:nam_kid:20180513012043j:plain

お茶がたっぷり入った急須は意外と重いもの。「注ぎ台」に置けば、急須を傾けるだけでお茶が注げます。注ぎ台の下は引き出し収納になっていて、茶葉などを収納できます。

 

【ストローホルダー】【コップホルダー】

f:id:nam_kid:20180513012712j:plain

ストローを使う時、私たちは無意識のうちに手を使っています。

口にくわえる時、手を添えてストローを固定しますね。でも、手がうまく使えずに口だけでくわえようとすると、ストローはくるくると回ってしまうんです。

それを固定するのが、写真左のコップに装着してある黄色い「ストローホルダー」。形は様々ですが、こうしておけば手で持てなくてもストローがふらつきません。

「コップホルダー」は、取ってのないコップを持ちやすくする自助具です。 

f:id:nam_kid:20180513013325j:plain

こうして引っ掛けられるので、コップがしっかり持てなくても落とす心配がありません。

 

【びんオープナー】

f:id:nam_kid:20180513013527j:plain

私が一番感動した自助具がこちら。片手で瓶のふたを開閉する「びんオープナー」。

ベルトの内側に滑り止めがついているので、瓶をしっかりホールドしてくれます。あとは片手でふたを回すだけ。いやこれはすごい。

 

【グリップつきスプーン・フォーク】

f:id:nam_kid:20180513014710j:plain

スプーンやフォークが持ちにくくなったひとのための、様々な形状のグリップ。フォークの先がかなりとがっているのは、そうしないと食べ物に刺せないから。丸い先のフォークで刺せるのは、力をしっかり伝えられるからなんですね。

 

普通に道具が使えていると、力が弱くなったらどんな風に使いにくいのか想像するのはなかなか難しいものです。今回、様々な自助具を手に取ることができて、なるほど! と感嘆することがたくさんありました。

 

NPO法人「自助具の部屋」では、使うひとに合わせた自助具を、材料費と送料でボランティアの皆さんが製作なさっています。

これまでのノウハウが詰まった自助具の数々を拝見し、お話を聞いて、「頼もしい!」と感じました。

私もいつか、もっと筋力が落ちて日常生活で道具がつかいにくくなったら、お願いしたいなと思います。

 

参考:NPO法人「自助具の部屋」ホームページ

※上記ホームページに、全国の自助具製作ボランティアグループの分布図もありますので、ぜひ参考になさってください。

 

 

 

ひとりで乗れる、大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線。

電車にひとりで乗れる。

それは、普通に歩いている人にとってはごくごく当たり前のことだと思います。

私も、歩いていた頃はそれが特筆すべきことだとは思っていませんでした。

 

5年半前に車椅子を使い始めた私は、屋外では自力でこぐのが難しかったので、外出するには必ず家族の介助が必要でした。

電車に乗るときは、駅員さんに声をかけてスロープ板を出してもらうこともあれば、そのまま家族の介助だけで乗ることもありました。

  

簡易型電動車椅子を使うようになってからは、ひとりで出かけることが多くなり、電車に乗るときは必ず駅員さんに声をかけて、スロープ板をお願いしています。

 

私が電車に乗るときの手順は、こうです。

  1. 乗車駅の改札口で、駅員さんに「○○駅まで行きたいので、スロープをお願いできますか?」と声をかける
  2. 駅員さんが降車駅(乗り換える場合は乗換駅も)に連絡を取ってくれて、ホームまで来てくれる
  3. 電車が来たら、駅員さんにスロープ板を渡してもらって、乗車する
  4. 降車駅(または乗換駅)に到着したら、ホームに駅員さんが待機していて、スロープ板を渡してくれるので、降車する

大きな駅では、2.で乗車案内専門スタッフさんが引き継いで、混雑するホームを颯爽と案内してくださったりして、とても心強いです。ただし、案内してもらえるまでにかなり待機することもあります。

 

簡易型電動車椅子を使いだして、3年を超えた私は、すっかりこの手順にも慣れました。電車に乗るってこういうことだよね、と思っていました。

 

先日、友人と大阪市内へ遊びに行った時のことです。

行程の途中で、「谷町六丁目」から「心斎橋」まで移動することになり、市営地下鉄「長堀鶴見緑地線」を利用することにしました。

歩いていた頃に何度かこの路線に乗車したことはありますが、車椅子では初めてでした。

 

だから、知らなかったんです。

 

地上から地下へ降りた位置が谷町線の改札口に近かったので、そこで駅員さんに聞いたんです。

私「長堀鶴見緑地線に乗りたいんですが、(ここの改札の)中から行けますか?」

駅員さん「行けますよ、そこのエレベーターで降りて…(説明してくれる)」

私「スロープお願いするのは、向こうで駅員さんに頼めばいいですか?」

駅「大丈夫ですよ、そのまま乗れます」

私「えっ」

駅「長堀鶴見緑地線は、車椅子でそのままご乗車いただけます」

 

>>車椅子でそのままご乗車いただけます<<

 

このパワーワードたるや!

 

どういうことなの、と半信半疑になりつつも、駅員さんが仰るんだから間違いないよね、と友人とホームへ向かいました。

長堀鶴見緑地線にはホームドアが設置されていて、通路が狭くても安心です。

「どこから乗ります?」と友人と相談して、こういう会話自体が久し振りだと気がつき浮足立つ私。

そのまま乗れるってことは、降車駅で待機してもらう必要がない(乗るべきドアが指定されない)ので、どこから乗るのも私たちの自由な訳です…!

 

ホームに滑り込んできた電車も、いつもより近く見えたりして。

ドア前で待つ他の乗客の後ろで待機し、降りる客のあとに乗り込む他の乗客に続いて、そのまま、いざ前進。

 

おおお。

おおおおお…!

乗れました!!

 

車椅子でそのまま乗車できる理由は、ふたつ。

  • 電車の床とホーム間の隙間が狭い
  • 電車の床とホームに高低差がない

このふたつの条件が揃って初めて、車椅子を前進させるだけで乗降できるのです。

 

降りる時に、友人に写真を撮ってもらいました。

f:id:nam_kid:20180313030220j:plain

f:id:nam_kid:20180313030243j:plain

長堀鶴見緑地線の車両とホームの隙間は、約2cm。前輪のキャスターもはまらない程度なので安心です。

f:id:nam_kid:20180313030300j:plain

スムーズに降りられました。

 

 

駅に着いて、黙って改札を通って、ホームに行って。

来た電車の、好きなドアから乗って、着いたらそのまま降りる。

 

この「歩いていれば全く気にも留めないごくごく普通のこと」が、今の私にとってこんなに興奮する出来事なんだなあと。

乗車した時間はほんのわずかでしたが、いつまでもこの高揚感がおさまりませんでした。

 

大阪市営地下鉄では、ほかに千日前線でも全駅でこのように対策済みのようです。

参考:大阪市交通局|プラットホームと電車との段差・すき間対策について

 

 ひとりで勝手に乗って勝手に降りられるということは、つまり、途中下車ができるということ。

ふだん降りる駅で待機していただく必要のある私は、途中で思い立って電車を降りることができません。なので、忘れてしまっているんですよね、ふらっと途中下車する楽しみを。

今度は、ぜひとも、何も計画せずにこの路線に乗りたいです。

そして、「あっ、ここで降りてみよう」というあのワクワクを、思い出したいです。