車椅子、ときどき杖。

外出には車椅子を使っています。ときどき杖も使います。車椅子で訪れたスポットや、普通に歩いていた頃には気づかなかったいろいろや、便利だと思う道具について。

インタビュー、されました。

f:id:nam_kid:20191227155215j:plain

この5年間、私をあちこちへ連れて行ってくれた簡易型電動車椅子

ヤマハ発動機さんの電動ユニット「JWX-1」を使用しています。

 

そのヤマハ発動機さんのホームページにて、「今月のJW女子」としてユーザーへのインタビュー記事が公開されているのです。

なんと今回、2019年12月のJW女子として、インタビューしていただきました。

 

ヤマハ発動機 今月のJW女子(2019年12月)

www.yamaha-motor.co.jp

 

プロのカメラマンさんが撮ってくださった写真と、私が熱く語ったことをうまくまとめてくださった文章で、いかに今の私が楽しく日々すごせているかが伝わるのではと思います。

 

電動車椅子を検討なさっている方に、少しでも参考になれば幸いです。

大容量の、トレー型ペンケース。

f:id:nam_kid:20191226123017j:plain

ウェブマガジン「文具のとびら」にて連載中の「弱い力でも使いやすい文具たち」第22回が公開されました。

 

今回ご紹介したのは、大容量のトレー型ペンケース。

レイメイ藤井さんの「クラムペンケース」です。

 

理想的なペンケースとの出会いに、かなり高揚して語っておりますので、お読みいただけたら幸いです。

 

■車椅子ライターから見た 弱い力でも使いやすい文具たち #22「大容量のトレー型ペンケース」

https://www.buntobi.com/articles/entry/series/namiko/010772/

弱い力でも使いやすい、文具たちいろいろ。

このブログでは今までご案内していなかったのですが。

実は昨年3月から、わたくし、文具をご紹介する連載をさせていただいております。

 


f:id:nam_kid:20191201222016j:image

 

タイトルは、

「車椅子ライターから見た 弱い力でも使いやすい文具たち」

であります。

 

毎月25日掲載でして、現時点での最新は11月のこちら。

■車椅子ライターから見た 弱い力でも使いやすい文具たち #21「細いのに持ちやすいカラーペン」

www.buntobi.com

三菱鉛筆さんの「EMOTT」がすばらしい、と語っておりますので、ぜひご覧いただければと。

 

掲載していただいているWEBマガジン「文具のとびら」は、文具のことなら何でもここを見ればわかる、文具好きにはたまらないサイトです。

その中に、連載として「力が弱くなった私でも使える文具」を加えていただけたことを、とても嬉しく思っております。

 

私がこのブログを書き始めたとき、「私の使うものが、どなたかにも使いやすいものかも」という気持ちで道具についても書いてきました。

その気持ちは、今でも、どこに文章を寄せるときも、変わっていません。

今後も、文具については「文具のとびら」にてご紹介していきますので、また随時ブログでもご案内いたします。

 

これまでの連載一覧はこちらです。

車椅子ライターから見た 弱い力でも使いやすい文具たち

 

■文具のとびら トップページ

www.buntobi.com


 

神戸でいただく、絶品煮込みハンバーグ。

投稿が久し振りすぎてすみません。

ぼちぼち元気に過ごしております。

 

私の住む奈良から神戸方面まで行くのに、以前なら大阪で複数回の乗り換えをしていましたが、近鉄難波駅から阪神線へ乗り入れを始めてからは、時間はかかるものの電車に乗っていれば三ノ宮まで連れて行ってもらえるので、とても便利です。

車椅子での乗り換えは時間もかかるので(駅員さんにもお手間おかけしますし)、きっとこの乗り入れがなければ、私はこんなに神戸まで出向いてないと思います。

 

そうなんですよ、ここ数年、年に3回程度は訪ねてるんですよね、神戸。

 

先日も、友人と一緒に文具のイベントへ出掛けたのですが。

その道中、遅めランチのためにふらりと立ち寄った洋食屋さんで頂いた煮込みハンバーグが、もう絶品だったのです。


f:id:nam_kid:20191201125114j:image

 

正確なメニュー名は「名物 煮込みハンバーグ シチュー仕立て 神戸近郊野菜添え」。

アツアツの鉄鍋で提供された、粗挽きミンチのハンバーグ。濃厚なシチューでぐつぐつ煮込まれていて、やけどに気をつけつつスプーンで切り取ってひとくち。噛むとしっかりと弾力があります。お肉を頂いている、という満足感たるや。

 

私は左腕で体幹を支えたいため、食事の時も両手を使うのが苦手なのです。だからナイフとフォークを使うのも苦手。でも、この煮込みハンバーグは器が深めで小振りなため、スプーンで切ってすくい上げるのにハンバーグが安定してくれて、片手でも楽に頂けました。

ともに煮込まれているお野菜は、写真には見えていませんが、豆の他にじゃがいも、にんじん、パプリカ。そちらはナイフを使って先に一口大に切り分けました。

 

パンもとてもおいしかったです。ミニチュア食パンみたいな形をしていて、表面はカリッと香ばしく、中はふわふわ。

そのまま頂くとパンの甘みが味わえますし、シチューにひたしてもおいしい。


f:id:nam_kid:20191201130638j:image

 

私たちが訪れたのは平日の13時半頃。

ランチメニューは売り切れのものもありましたが、この煮込みハンバーグをはじめ、他にも気になるメニューがたくさんあって、迷わず入店しました。

 


f:id:nam_kid:20191201131124j:image


f:id:nam_kid:20191201131148j:image

 

店頭のスロープは手前にやや段差があるように見えますが、簡易型電動車椅子で問題なく上がれます。入口ドアは片方開いた状態でもちょうどすり抜けられました。

店内手前のフロアは段差もなく、椅子をよけていただき車椅子のまま窓際のテーブルにつきました。

フロアの奥の方は、一段上がった先にあるようです。

 

次は他のメニューも頂きたいです。

ハンバーグ好きにはたまらないお店に出会えて、ホクホクしています。

 

お店のサイトはこちら。

●神戸デュシャン

http://www.kobe-duchamp.com/index.html

 

 

大さじ・小さじが計れる、ミニ計量カップ。

料理をするとき、調味料を計量するのに大さじや小さじを使うことがありますよね。

私は手の力が弱めで、震えたりもするので、液体の計量が苦手です。特に、料理酒のように大きな容器に入った調味料を大さじで計るとなると、大さじを持つ手もプルプルするし、片手で重たい容器を持ち上げて傾けるのもかなり大変なのです。

ところが先日、100円均一ショップの「キャン★ドゥ」で、そんな私にぴったりな計量カップを発見しました。

f:id:nam_kid:20190304173041j:plain

「イノマタ化学」さんの「ミニ計量カップ」です。

説明書きはこちら。

f:id:nam_kid:20190304173906j:plain

大さじの目盛りは1~3杯までで、0.5杯、1.5杯、2.5杯も計れます。

小さじの目盛りは1~6杯まで。サイドには5~50mlの目盛りもついています。

f:id:nam_kid:20190304175519j:plain

…この写真ではちょっと判りにくいですが、液体を注ぐと白抜き文字で見えます。

大さじ・小さじの目盛りは斜めになった注ぎ口側にあるので、小さい計量カップでも見やすいですよ。

f:id:nam_kid:20190304174316j:plain

これがあれば、大きな容器の調味料を両手で持って注げるので、とても安定します。便利!

私の場合は、さらに両肘を台について、震えることなく計量できました。すばらしい。

買って良かったです。

 

 

パッケージには、しっかり「日本製」と表記してありました。

f:id:nam_kid:20190304174930j:plain

 

参考:イノマタ化学|ホームページ (公式ホームページ)