車椅子、ときどき杖。

外出には車椅子を使っています。ときどき杖も使います。普通に歩いていた頃には気づかなかったいろいろや、便利だと思う道具について。

奈良県内最大のスタバへ、バスで。

f:id:nam_kid:20180215015424j:plain

昨年12月15日に、奈良市にある鴻ノ池のほとりにオープンした、「スターバックス コーヒー 奈良鴻ノ池運動公園店」。

奈良県内最大の店舗面積を誇るこの店に、2月初旬にようやく行ってきました。

 

というのも、最近やっとブラックコーヒーが飲めるようになったばかりの私。これまでは、カフェラテが好きでスタバに行っていたんですが、喫茶店では基本的に紅茶を頼むことが多かったんです。

ところが、友人宅で淹れてもらったコーヒーが、ブラックでもとても飲みやすくて。

それをきっかけに、自宅でも砂糖ミルクなしで飲んでみるようになった訳です。

 

ちょっと慣れてきたかな、という頃合いに、「スターバックス コーヒー 奈良鴻ノ池運動公園店」のオープンを知りまして。

奈良県初(そして現時点では奈良県で唯一)この店舗だけで提供されているという、「スターバックス ナイトロ コールドブリュー コーヒー」をですね、ぜひに頂きたい! と思いまして。

 

行ってまいりました。

 

事前にお店に確認したところ、最寄りのバス停は「鴻ノ池」と「市営球場」のふたつが同じくらいの距離だとのこと。JR・近鉄奈良駅方面から向かうなら、手前の「鴻ノ池」が便利です。

 

f:id:nam_kid:20180215020746j:plain

奈良駅方面から乗ってくると、写真左手のバス停に到着します。写真手前に横断歩道があるので、鴻ノ池(写真右手)に向かって渡ります。

ここから池を見てみると。

f:id:nam_kid:20180215021230j:plain

池の北岸に、確かにスターバックスの文字が! そしてガラス張り!

 

池沿いに北へ向かいます。

f:id:nam_kid:20180215021142j:plain

すると、新しい道ができています。

f:id:nam_kid:20180215021637j:plain

この先が、お店です。

f:id:nam_kid:20180215021722j:plain

まだ芝生が新しいというか、馴染む手前というか。初々しい雰囲気です。

池に面して、広くデッキになっています。

ちなみに、冒頭の写真は店舗の下に続く遊歩道から撮ったもの。池のすぐ近くまで降りられる遊歩道は、車椅子やベビーカーでも行けるスロープ状です。

f:id:nam_kid:20180215022007j:plain

スロープ状ということは、ジョギングでも走りやすいかも知れませんね。

池の周り全てが車椅子で水面近くまで降りられる訳ではありませんが、段差なく池を周回することができるようになっています。これは嬉しいですね。

 

さて、店舗の入口はこの真裏にあります。

ドアが開き戸なので、車椅子ひとりでは開けるのが難しいですが、通路にインターホンが設置してあり、ここで店員さんにお願いできます。(ちょっと私には位置が高かったので、お店の方にそうお伝えしました)

f:id:nam_kid:20180215022643j:plain

f:id:nam_kid:20180215033210j:plain

f:id:nam_kid:20180215023134j:plain

店に入ってすぐに注文カウンターがあるので、混んでいる時はちょっと通りにくいかも知れません。私が訪ねたのは平日の15時半で、ここは混雑してはいませんでしたが、店内はほぼ席が埋まっていて、とても盛況でした。

ちなみに、注文カウンター右手の通路奥に、多目的トイレがあります。

 

スターバックスコーヒーでは、相性のいいコーヒーとフードの組み合わせを「フードペアリング」として提唱しています。実はこれも憧れだったんですよね。

この日のドリップコーヒーは、「グアテマラ カシ シエロ」。ココアに似た味わいの豆との説明を聞き、店員さんに勧めてもらった「ザッハトルテ」と共にいただくことにしました。

席までは、店員さんがトレイを運んでくださいます。

これはどの店舗でもそうですが、杖をついていた頃も、車椅子を使いだしてからも、スタバではたいてい私がお願いする前に店員さんの方から「お席までお持ちします」と言ってくださるので本当に助かります。

杖をつきながらトレイを持つのは非常に不安定なので、セルフサービス式の店ではドキドキしながら「運んでもらえますか?」と尋ねていました。だから先に言ってもらえると嬉しくなるんです。

車椅子だと、並んでいるときにメニューを持って来てくださるんですよね。注文カウンターは高めの位置にあることが多く、確かにメニューを見るのが難しいので、とてもありがたいです。

 

f:id:nam_kid:20180215025641j:plain

まずは「グアテマラ カシ シエロ」をブラックでひとくち。おお、確かにココアっぽい香りがします。

続いてザッハトルテを口に運び(濃厚なのに甘さ控えめ)、その後でまたコーヒーを飲むと。

わあ、なんでしょうこれ、さっきと味が違う。香ばしさが増した感じです。おいしい!

 

ドリップコーヒーは日替わりで、豆によって味が違うので、ペアリングも変わってくるそうです。もちろん好みもあるでしょうけれども、これからも店員さんにオススメを聞いて注文したくなりました。

 

ちなみに、私にはスタバのマグカップはちょっと重いので、店内で頂くときも今は紙カップでお願いしています。

これも、必ずと言っていいほど注文時に店員さんが確認してくださるんですよね。それも嬉しいです。

 

さて、そうです、飲みたいなと思っていたあのコーヒーです。

現時点で、奈良県では唯一このお店だけで頂けるという、「スターバックス ナイトロ コールドブリュー コーヒー」です。(近畿圏では他に大阪、京都、兵庫に提供店舗があるそうです)

この店舗の受取カウンターは、他店に比べてちょっと低め。

そのカウンターの中央で、注文ごとにバリスタさんが1杯ずつ注いでくださいますよ。

車椅子に座ったままでも、しっかりとその様子を眺められます。

f:id:nam_kid:20180215030031j:plain

今回のグラスはトールサイズ。水出しコーヒーに窒素ガスを注入して注がれます。

f:id:nam_kid:20180215030125j:plain

注がれてすぐは、薄い茶色。底からじわじわと色が濃くなっていきます。

f:id:nam_kid:20180215030703j:plain

このあと、後ろの写真のようにどんどんと濃い色が上がっていき、やがて完全にコーヒー色に。でも、水出しなのでアイスコーヒーのような苦味はなく、時間が経ってもほとんど味が変わりません。氷を入れないので薄まらないのもいいですね。

夏場はのんびり飲んでいるとぬるくなるかも知れませんが、私は冷たすぎる飲み物が苦手なので、かえっていいかも、と思いました。

窒素ガスによって生まれるクリーミーな泡はほんのりと甘みを感じます。苦味のないまろやかな飲み口の中に香ばしさもあって、とても飲みやすいコーヒーでした。

これは癖になりそう…!

 

ただですね、私は自分がまだブラックコーヒー初心者であることを失念してまして。

おいしいからと調子に乗って飲んでいたら、胃を壊しましてですね…。

とりあえず、しばらくはブラックで飲むのは1杯までにして、2杯目を頼むならカフェラテにしようかなと思いました。はい。

 

大屋根の下のテラス席には、テーブルもあります。

f:id:nam_kid:20180215032758j:plain

暖かくなったら、ここでのんびりするのも良さそうですよね。

 

f:id:nam_kid:20180215032854j:plain

犬の散歩途中に訪れるお客さん用に、リードをかけるフックがいくつか設置されていました。

 

f:id:nam_kid:20180215033035j:plain

窓のサッシは木製で、周囲に溶け込みます。

 

そして、陽が落ちると。

ライトアップされた植樹が、雰囲気を一変させます。

f:id:nam_kid:20180215033344j:plain

営業は8:00から22:00まで。

バス通りの歩道はやや荒れているので、夜はライトを使うなど注意は必要ですが、この雰囲気を味わいにまた行きたくなりました。

 

 

ところで、JR・近鉄奈良駅方面へ向かうバス停「市営球場」は、実は建物のすぐ近くにあります。

f:id:nam_kid:20180215034028j:plain

この写真の左手に、先ほどの鴻ノ池へ下りる道があるので、本当に建物のすぐ傍なのですが。ここ、残念ながら階段なんですね。

車椅子で歩道へ下りようと思うと、さっき来た道でバス停「鴻ノ池」へ向かうことになるので、奈良駅に近いそちらの方がいいんじゃないかなと。

 

運行している全てのバスに車椅子で乗れるとは限りませんが、奈良駅方面から鴻ノ池まで行けるバスはそこそこ本数があるので、乗れないバスが来ても次を待てば行けると思います。

乗る時刻が解っている場合は、前日までに奈良交通の路線を管轄する営業所へ連絡しておけば、スロープのあるバスで運行してもらえます。また、当日でも管轄の営業所でその日の運行状況を確認できますよ。

 

参考:

スターバックスコーヒー

Starbucks Coffee Japan - スターバックス コーヒー ジャパン(トップページ)

 

奈良交通

奈良交通 路線バス運行営業所一覧|奈良交通

路線バスのご案内|奈良交通

 

 

 

奈良町の猫カフェ、寧估庵。

猫、かわいいですよね。私も大好きです。

でも、自分で飼ったことがないからか、滅多に触れ合えたためしがないんですよね。

歩いていた頃に何度か猫カフェに行ったことがありますが、猫じゃらしも扱いがヘタらしくてじゃれてくれないし、撫でるのも怖々だからかスルッと去っていかれたり。

なので、これまでは基本的に、遠くから猫たちの愛らしいさまを眺めて満足していたんです。それでも充分満足だったんです。

 

奈良町にある猫カフェ「寧估庵」さん。

以前から、奈良町を訪ねる時に何度も前を通っていて、気になっていました。

店内は土足OKの板張りで段差もなく、車椅子のまま入店できます。

今年の元旦からリニューアルオープンされたので、お正月の3日に訪ねてきました。

 

席に案内していただき、マフラーを外したりコートを脱いでいる間に、早くも1匹の猫がふわりとテーブルに乗ってきてくれました。

f:id:nam_kid:20180117163745j:plain

たぶんこの子の名前はアッシュだと思うんですが(この猫カフェ最古参で「ボス」だそうです)、もし間違ってたらごめんなさい。

奥に見えていますが、窓の上には猫たちのすてきな写真がたくさんあります。どれもかわいくてかっこいい…!

 

さて、この子がいきなり歓迎ムードでお出迎えしてくれた時点でもう「今までの猫カフェとは違うぞ」と感動しておりましたら。

 

なんということでしょう。

 

テーブルに、これでもかと猫たちが跳び乗ってきてくれたんです!

 

f:id:nam_kid:20180117161457j:plain

ピントが合わない…!

f:id:nam_kid:20180117161548j:plain

近い…!

f:id:nam_kid:20180117161617j:plain

この子たちの視線の先で、店主の小豆澤裕子さんが猫おやつを用意してくださっています。

小豆澤さんはとても朗らかな方で、私がTwitterで問い合わせさせていただいた時から丁寧にご対応くださいました。当日もいろいろとお気遣いくださって、本当にありがとうございます。

この日はお正月ということで、猫たちには特別に「お年玉」として「CIAOちゅ~る」が振る舞われました。私たちが受け取って、猫たちにあげます。

f:id:nam_kid:20180117162712j:plain

奪い合われるちゅ~る…!

がんばって自力で撮影しましたが、ボケててすみません。

猫の舌のザリザリとした感触が、袋を通じて手に伝わってきます。ほんとに、ザリ、ザリ、ってするんですよね。で、ちゅ~るの中身を絞って指が先端に近づくにつれ、猫の口元にも近づく訳で。

最終的に、めっちゃ舐められました(笑)

猫の舌、肌で感じると痛いですね。こんなに舐められたの初めてです。

 

ふわふわの毛並みにそっと触れてみると、なんと、撫でられてくれるんですよ。

当たり前とか言わないでください。私これまで、どの猫カフェでもこんなあっさり撫でさせてもらえたことないんですよ…!

幸せです。もうほんとに。ずっとここにいたい。

 

テーブルに乗るのはちょっと…な子たちや、にゃーにゃー鳴くんだけどシャイな子もいるので、近寄ってくれた子たちだけそっと撫でさせてもらいました。

f:id:nam_kid:20180117172347j:plain

この子はちょっと控えめに、床から見上げてくれた子。かわいい。

 

 

おやつタイムの後は、猫たちそれぞれ好きな場所でくつろぐようです。

f:id:nam_kid:20180117171539j:plain

テーブルの上で、前足をしまい込んで並び座る猫たち。かわいい。眺めているだけで幸せ。

 

寧估庵さんは、もともとは骨董店だったそう。落ち着いた店内のあちらこちらに、古いランプが置かれています。そして、その傍には猫がまるくなっているのです。かわいい。

f:id:nam_kid:20180117171735j:plain

f:id:nam_kid:20180117171828j:plain

f:id:nam_kid:20180117171903j:plain

f:id:nam_kid:20180117172718j:plain

f:id:nam_kid:20180117172751j:plain

 

中には毛づくろいする子も。

f:id:nam_kid:20180117171942j:plain

あられもない恰好…!

f:id:nam_kid:20180117171957j:plain

…じっと見てたら、気づかれちゃいました。邪魔してごめんね。

 

集まる猫たちもかわいい。

f:id:nam_kid:20180117172108j:plain

 

あちこちキョロキョロしたりウロウロしてテーブルに戻り、お茶を飲んで一息ついてふと横を見ると。

f:id:nam_kid:20180118020546j:plain

前足をちょんとテーブルに乗せて…! 何てかわいいのアナタ…!

f:id:nam_kid:20180118020705j:plain

と思ったら私のノートが開いてるのが気になった様子。

 

帰る直前に、テーブルにまた1匹の子が乗ってきてくれました。

f:id:nam_kid:20180118020840j:plain

尻尾をくるりと巻いて凛と座るこの姿、私はとても好きなんです。

f:id:nam_kid:20180118020927j:plain

チラッとこっちを見てくれました。かわいい。

この時、この子には手を触れませんでした。また来るね、と声をかけました。

写真を見返していて思いましたが、この子はもしかしたらおやつ後にテーブルで2匹ならんでくつろいでくれた子かな?(違っていたらすみません)

もしそうだとしたら、帰る前にちょっと顔見に戻ってきてくれたのかしら。嬉しい。

 

店内は、3つのテーブルをゆったりと配置してあり、車椅子で安心して移動できます。

この写真は店内から通り側を見たところ。

f:id:nam_kid:20180117173019j:plain

私が案内していただいたのは丸テーブルだったので、電動車椅子の操作レバーが邪魔にならず嬉しかったです。

この日は常連のお客さんたちがたくさんいらしていて、相席させてもらっていろいろ教えていただきました。猫たちの名前とか。全然憶えられなくてすみません! 憶えられるように通いたいです。

 

なお、店内にあるお手洗いは車椅子ごと中に入ることはできませんが、手すりが設置されているので、伝い歩きができる場合はドアの手前に車椅子を置いて入れると思います。私はそうさせていただきました。

手伝ってくださった常連のお客さん、ありがとうございました!

 

f:id:nam_kid:20180117173441j:plain

寧估庵さんは、左側がギャラリースペース、右側が猫カフェとなっています。

いずれも店頭に大きな段差はありません。

ギャラリーは奥の間が畳敷きなので段差がありますが、おもての間は車椅子のまま入れます。展示されているものによっては車椅子の操作に注意が必要です。

中のガラス戸で行き来できるようになっていますが、車椅子で通るのは幅がちょっと不安だったので、猫カフェへは表から入りなおしました。

f:id:nam_kid:20180117173840j:plain

こちらが猫カフェ。引き戸の前にやや傾斜があります。敷居は簡易型電動車椅子で自力で越えられました。

 

猫カフェの営業は、月・木曜日定休。平日は13~17時までのフリータイム制で料金2000円、土日祝日・正月・GWは13時~・15時~の二部制で料金1500円。いずれも猫おやつと、無農薬有機栽培の大和茶ほうじ茶がついています。

大和茶ほうじ茶、とてもおいしかったです。ちなみに、追加料金で大和茶紅茶やスペシャリティー珈琲も頂けるそうですよ。

猫カフェへの中学生以下のお子様のご入場はご遠慮くださいとのことです。

 

猫カフェの詳細やギャラリーの展示予定など、ホームページで確認できます。

寧估庵さんホームページ

また、店主の小豆澤さんのTwitterアカウントはこちら。
猫カフェ寧估庵 ギャラリー寧估庵 (@cafenekoan) | Twitter

 

 

近くにある、車椅子で入れるトイレのある施設もご紹介しておきます。

 

奈良町物語館 (リンク先はFacebookページ)

奥に、車椅子のまま入れる広めのトイレがあります。古い井戸や庭も眺められます。入場無料。トイレ利用の際にはスタッフの方に声をかけましょう。ただ、1階の催事によっては入りにくいこともありますのでご注意を。

 

奈良市音声館

私は奈良町を訪ねる際にこちらのトイレによくお世話になっています。受付でひとこと声をかけて利用します。ホールで展示や演奏会が行われている時は、そちらも楽しめます。

 

車椅子で鑑賞できる、名勝旧大乗院庭園。

f:id:nam_kid:20171014003902j:plain

奈良ホテルの南側にある「名勝旧大乗院庭園」は、2010年から一般公開されている、車椅子で鑑賞できる庭園です。

奈良町散策の折に立ち寄ることもできますよ。

 

観光客の休憩所としても利用できる、「名勝大乗院庭園文化館」。

f:id:nam_kid:20171014004312j:plain

f:id:nam_kid:20171014004345j:plain

中には休憩スペースや、観光パンフレットなどが置かれたテーブルも。展示室には江戸時代に描かれた『大乗院四季真景図』などが展示されています。

f:id:nam_kid:20171014005111j:plain

休憩スペースからも、庭園が眺められます。

f:id:nam_kid:20171014005217j:plain

訪れた10月初旬、東大池にかかる朱色の反橋は25年振りの架け替え工事のため撤去されていました。橋のない光景は貴重かも知れません。

ちなみに、今年の2月に訪れたときの写真はこちら。

f:id:nam_kid:20171014005615j:plain

架け替え工事によって、橋を渡れるようにするとのこと。車椅子でも渡れるかどうかは解りませんが、やはりここに反橋がある方が景色はきまりますね。

 

庭園内部の入園料は100円ですが、障害者手帳の提示で無料にしていただけます。

鹿の入ってこない庭園は、芝生がふかふかしていてきれいです。この日は三ツ島のサルスベリの傍にシラサギが佇んでいました。

f:id:nam_kid:20171014005937j:plain

この「三ツ島」、ぷっくりしていてかわいらしい島です。

f:id:nam_kid:20171014025854j:plain

サルスベリはまだ少し花が残っていました。夏には鮮やかなピンク色に咲き誇るそうです。

 

文化館は庭園の南端にあります。池に沿ってぐるりと回り、庭園の西側を散策してみることに。

f:id:nam_kid:20171014030204j:plain

池に向かって傾斜しているところもあるので、車椅子の操作にはかなり注意をしました。

f:id:nam_kid:20171014030354j:plain

f:id:nam_kid:20171014030414j:plain

この辺りが、庭園の南西端っこです。傾斜から離れてゆっくり進みます。

 

先に進むと東屋が見えてきます。

f:id:nam_kid:20171014030513j:plain

このまま芝生を進んでも良いのですが、足元の凹凸が少し不安だったので、

f:id:nam_kid:20171014031108j:plain

左手の舗装された場所を進むことにしました。

f:id:nam_kid:20171014031235j:plain

庭園西側に建つ東屋(休憩施設)は、前述の『大乗院四季真景図』に描かれた「堪雪亭」とみられる遺構を元に、位置や規模を踏襲して造られているそうです。

f:id:nam_kid:20171014031951j:plain

f:id:nam_kid:20171014032008j:plain

この東屋から眺める景色もすてきです。穏やかなひとときを、ゆったり過ごせます。

さらに北へ向かってみます。

f:id:nam_kid:20171014032328j:plain

南側から眺めるのとはまた違った景色が楽しめます。

f:id:nam_kid:20171014032403j:plain

庭園の北西から振り返ると、西小池が一望できます。この一帯は先ほどの東屋も含め、発掘調査により判明した遺構を復元整備されたもの。江戸時代には「南都随一の名園」と謳われたそうです。

 

文化館の窓からも庭園は眺められますが、実際に庭へ出てみると印象が違ったので、ぜひ散策をお勧めします。

庭園の奥から「ならまちセンター」方面へ出られるとのことなので、奈良町散策の帰りに景色を楽しみながら通り抜けるのもいいかも知れませんね。

秋の紅葉も楽しみです。

 

名勝大乗院庭園文化館には、車椅子で入れるトイレもあります。

f:id:nam_kid:20171014033633j:plain

ただ、トイレに向かう通路がクランクになっている上に幅が簡易型電動車椅子ギリギリで、車椅子の操作能力が試されます。ちょうど幅の狭い箇所がやや暗くなっているので、ゆっくり進みました。手動車椅子の場合はこぐ手を挟まないように気をつけてくださいね。車椅子を介助する場合も注意が必要だと思います。

この先に男女トイレと車椅子トイレがあります。

 

 

名勝旧大乗院庭園については、下記のリンク先にて詳しく説明されています。

 

管理団体「日本ナショナルトラスト」ホームページより

www.national-trust.or.jp

 

奈良ホテル」ホームページより

www.narahotel.co.jp

奈良町のカフェ、のこのこ。

奈良町にある「手作りケーキとお茶の店 のこのこ」さんは、私が杖歩行していた頃によく立ち寄っていたカフェです。

ならまち工房の2階にあったお店が、今年の2月、すぐ近くの1階に移転オープンされまして。

段差がないので、車椅子で入店できるようになりました。

再びちょくちょく訪ねられるようになり、とても喜んでいます。

f:id:nam_kid:20171012024442j:plain

f:id:nam_kid:20171012024721j:plain

入口前は少し急な勾配があり、私の簡易型電動車椅子では自力で上がれないので、ガラス越しにお店の方に手を振り、押して頂いて入店しています。いつもありがとうございます。

入ってすぐ左の、窓際席が好きです。

f:id:nam_kid:20171012024913j:plain

f:id:nam_kid:20171012025109j:plain

テーブル脚の間は、車椅子のフットレストがすっぽり入る幅です。

店内には本棚があって、店内でゆっくり読むこともできます。

f:id:nam_kid:20171012025604j:plain

ただ、車椅子で本棚の前に行くのはスペース的にちょっと難しいかも知れません。

本の隣やワゴンには食器や雑貨も置いてあります。前に友人と一緒に尋ねたときは、ここで友人が食器を購入していました。

f:id:nam_kid:20171012025924j:plain

ケーキのショーケース前まで車椅子で行けない場合も、左手の壁に本日のケーキ一覧が掲げてあるので、見て選べます。

f:id:nam_kid:20171012030309j:plain

この日はひとりで訪れて(というか大抵はひとりでふらりと訪ねています)、キッシュとパウンドケーキ、チャイを注文しました。

f:id:nam_kid:20171012030643j:plain

 

この日のキッシュは「北海道かぼちゃときのこのジンジャー風味キッシュ」。

f:id:nam_kid:20171012033744j:plain

かぼちゃがとても甘くて、かみしめていると後からしょうがのほのかな辛さが追いかけてきます。きのこはエリンギとブナシメジ。ほくほくなのにサクサクと幸せな食感! あと、付け合わせの千切りキャベツはオーブンで焼いてあるので、甘さが増して中はしんなり、外はシャキッと香ばしいですよ。

 

「塩キャラメルマーブルパウンド」は、プルーンの入ったパウンドケーキに生クリームとなめらかな塩キャラメルが添えてあります。

f:id:nam_kid:20171012033912j:plain

少しずつ加えながら食べることで味の変化が楽しめます。塩キャラメルがとても濃厚で、また幸せな気持ちになりました。

 

のこのこさんの「ジンジャーチャイ」で私はチャイのおいしさに目覚めました。甘さ控えめでケーキにもよく合います。辛めが好みの方には、ジンジャーを足すこともできるそう。私はそのままでちょうどおいしく頂きました。ゆっくり飲む場合は途中でかき混ぜつつ頂きます。

 

これまでに頂いたケーキもご紹介。

f:id:nam_kid:20171012034055j:plain

2月の仮オープン時に頂いたチーズケーキ。めちゃ濃厚でした。

コーヒー豆はすべて「珈琲屋 凡豆(ぼんず)」さんから仕入れているそうで、とても飲みやすくて香り豊かです。カフェオレもおいしいですよ。注文後にドリップされます。

 

f:id:nam_kid:20171012034606j:plain

こちらはのこのこさん史上最高濃度の「コーヒーマーブル濃厚チーズケーキ」。食べ始めたら最後まで止まりませんでした。いやほんとノンストップ。コーヒーの苦味が、濃厚なチーズの風味と絡み合って最高です。最後にコーヒーの香りが口内に残るのが堪らない…!

 

f:id:nam_kid:20171012034944j:plain

友人と一緒に訪ねた夏のある日。友人はレアチーズムースとコーヒー、私はベイクドチーズケーキとジンジャーチャイ。 ひとりで来ても、二人で来ても、ゆったりくつろげる空間です。

 

天井が高いのもすてき。

f:id:nam_kid:20171012040959j:plain

 

 お店のブログとSNSはこちら。日替わりのケーキはSNSで確認できます。

yaplog.jp

twitter.com

www.instagram.com

パラアート展で、書道を楽しむ。

私は小学生から中学2年生まで書道教室に通っていました。

明治の終わり生まれのおじいちゃん先生は、「徴兵されたとき字がうまいからと通信係になって前線には行ってない」という話が口癖で、幼い私たちは「字がうまかったら戦争で生き残れる」と思ったものでした。ワープロやパソコンが登場し始めた時代でしたが、メールなど想像もしてなかったのでした。

閑話休題

そんな訳で、私は毛筆で字を書くのはかなり好きでしたし、達筆な書を鑑賞するのも以前から好きだったのです。

 

今年、奈良県では9月から11月までの3ヶ月間、「第32回国民文化祭・なら2017」「第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」および「奈良県大芸術祭」が開催されていて、あちらこちらで芸術作品を鑑賞することができます。

その中のひとつ、天理で開催された「パラアート展」に行ってきました。

 

9月10日、JR天理駅の高架下にある天理駅前南団体待合所では、絵画や写真、工作など様々な作品が展示されていました。そこで話を聞くと、書道の展示が別の会場で行われているとのこと。

それは観に行かねばと、天理本通り商店街にある「ギャラリーおやさと」へ向かいました。

 

そこで開催されていた、「カルガモパラアート展」。

メインに展示されていたのは、障がい者の表現活動をサポートする団体「カルガモ倶楽部」に所属する書家・川上美也子さんの書道作品でした。

 

f:id:nam_kid:20170921012325j:plain

「朱鷺」川上美也子

あまりの迫力に、しばらくこの前から動けなくなりました。

何と豪快で、そして美しいのでしょう。

 

川上さんは、脳性まひのため移動に電動車椅子を使用されています。右手が使えないため左手でお書きになるのですが、大きな書に臨むときは立ち上がり、力強く運筆なさるのです。

他にもたくさんの作品が展示されていました。

f:id:nam_kid:20170921013018j:plain

「終」川上美也子

こちらは夢で「終」という字の形を見て、そのまま再現されたのだそうです。

 

f:id:nam_kid:20170921013235j:plain

「命」川上美也子

 

f:id:nam_kid:20170921013600j:plain

「生命」川上美也子

 

f:id:nam_kid:20170921013937j:plain

「静心」川上美也子、「鮮」川上美也子

 

うまく写真に収められなかったのですが、「戦争」と題された4連作も迫力がありました。

川上さんは、書いた文字には命があると話しておられました。書いているときに「うまくないな」と思っても、書き上げた瞬間にその文字は手を離れ、川上さんの心に訴えかけてくるのだそうです。その瞬間から、自分のものではなくなるのだとのこと。だから、書き上げた後に手を加えたりはしないのだそうです。

どの作品も、観ているこちらに迫ってくる勢いを感じました。

 

かな文字の、やさしい作品も。

f:id:nam_kid:20170921014321j:plain

「しあわせ」川上美也子

 

見る人それぞれの心に、思い浮かぶ景色や感情がありますね。

 

川上美也子さんのウェブサイトはこちらです。

かるがも母さんwebsite

 

 

 

会場では書道を楽しむワークショップも開催されていました。

サポートしていただきながら、私も参加させてもらいました。

f:id:nam_kid:20170921014539j:plain

支えがないと立てないので、座ったまま書きました。

f:id:nam_kid:20170921014554j:plain

「あした」の「た」の最後をしっかりとめて、筆を持ち上げた瞬間です。

 

こんな大きな紙(全紙)に、太い筆で書くのは初体験でした。太い筆は、どんな持ち方をしても応えてくれる頼もしさを感じました。とても良い紙・墨・筆を使わせていただいて運筆するのは本当に気持ちよくて、何と言うのでしょう、クセになりそうでした。

すばらしく貴重な体験をさせていただいたと思います。ありがとうございました。

 

天理での「パラアート展」は、11月25・26日にも開催されます。会場は「天理市文化センター」に移りますが、川上美也子さんの書道作品も多く展示されます。

私の書いた「あした」も展示してもらえることになりました。現在、表装していただいています。展示されるというのも初めてのことなので、今からものすごく緊張しています。

 

そのほか、今年の秋に奈良で楽しめる文化祭・芸術祭へのリンクはこちらから。

nara-kokushoubun.jp

 

nara-arts.com